歯ぎしりについて

歯科の疾患で最も怖いのが力によるトラブルと言われています。
歯が割れてしまったらどんなに日頃からしっかりとした口腔ケアをしていたとしても抜歯となってしまいます。統計的にも力によるトラブルで歯を失った経験がある方は、その後も力によって別の歯が割れてしまったり、痛みが出たりと将来のお口の状態が虫歯や歯周病でお困りの方と比較して非常に良くないという事がわかっております。

ですが、私達歯科医師から見て明らかに歯ぎしりによって歯が削れている方でもご自身が歯ぎしりがあると自覚していらっしゃる患者さんは非常に少なく、殆どの方が自分の歯が歯ぎしりによって危険に晒されている事自体に気づいていません。

歯ぎしりの原因

実を言うと歯ぎしりの原因は未だに全貌が解明されておらず、睡眠の質の低下や、ストレス、生活習慣と様々な要素から影響を受けていると考えられてはいるものの何の目的で私達人間が歯ぎしりを行っているのかもわかっておりません。

歯ぎしりによるトラブルを可能な限り防ぐには

歯ぎしりのトラブルでお悩みの方の代表的な予防策として、ナイトガード(睡眠時用マウスピース)を使用することをお勧め致します。
マウスピースを使用した方が良いかは歯科医師が判断し、使用した方が良い方に関しては保険適用で5000円程度で作成する事が可能です。

マウスピース(スプリント)

歯ぎしりはボトックス注射で予防できる可能性も

歯ぎしりについて記事を書くに辺り、予防方法が本当に存在しないのか論文を検索していた所、ボツリヌス菌という細菌を顎を動かす筋肉に注射する事で一定期間の間、歯ぎしりを減少させる可能性があることがわかりました。

(参考論文はこちら)

近接する高田眼科にてボトックス注射を行っているとの事ですので、歯ぎしりでお悩みの方は1度受診してみる事をお勧め致します。↓クリック

高田眼科


関連記事

  1. 歯科用ミラー

    根拠に基づいた歯科治療とは

  2. 知覚過敏

  3. 顎が痛い人

    顎関節症を理解しよう

  4. 歯が心配な女性

    歯並びが悪くなってきた ~Pathologic tooth …

  5. 歯科定期健診

    定期健診でクリーニングを3か月に1回受けていたけど・・・

  6. 口内炎

    口内炎ができる理由と対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP