直接覆髄法|神経を取っていた症例で神経を残す治療法

歯の神経の走行

直接覆髄法とは

虫歯を除去している最中に神経まで虫歯が到達しており、神経が露出してしまった歯に対して、神経を取る治療を行うのではなく、露出した神経に何らかの薬を塗布します。神経には象牙質と言う歯質を作る能力があるため、薬により穴を封鎖する事で象牙質を誘導し、穴を封鎖する事で神経を取らずに生きたまま保存します。これを直接覆髄と言います。

直接覆髄法はかなり昔から手技としては存在しておりましたが、成功率が低い事もあり、失敗するケースでは痛みを伴う事も多いため多くの歯科医師がこの手技を行っておりませんでした。

近年の直接覆髄法

近年、直接覆髄法は成功率がかなり高くなっており、多くはありませんが直接覆髄法にて神経の保存を試みる歯科医師が日本でも増えて参りました。

成功率が劇的に高くなった理由としては2つ考えられ、一つ目はマイクロスコープと呼ばれる歯科用顕微鏡の普及によりしっかりと感染してしまった歯質を過不足なく除去する事が可能になった事、二つ目はMTAセメントと呼ばれる湿潤化(水分がある状態)でも操作性がよくしっかりと硬化する薬が開発された事です。

この2つの理由により正確な作業を行う事が可能となり、直接覆髄法の成功率が飛躍的に高くなって参りました。

しかし、いくつかの問題もあります。

マイクロスコープを使いこなせる先生は多くない

手技的にマイクロスコープと呼ばれる歯科用顕微鏡を上手く使いこなす事ができる必要があり、あくまで成功率が高いと言っても完璧にタスクを処理する事ができる先生は日本ではまだ多くないという問題が一つ。

普段よりマイクロスコープによる精密根管治療を行っている先生であれば直接覆髄法を行う事ができますが、マイクロスコープを所持していても普段はマイクロスコープを使用していないという先生には少しハードルが高いように感じます。

MTAセメントは非常に高価で保険治療では行えない

また、MTAセメントと呼ばれる象牙質を誘導する力のあるセメントの問題点として高価である事と、ラバーダムと言われるゴムを装着して治療を行う必要があったりと治療時間が長くなるため、保険の治療では完全に赤字となってしまうという問題もあります。
まだ小学生のお子さんの虫歯の治療をしていたとして、直接覆髄法を行えば神経が残せる可能性のあるケースでも、高額な治療費がかかってしまうため全てのそのようなケースで直接覆髄を行えるわけではなく、私達は心を痛めながら治療を行うようなケースもございます。いつか保険治療にて行えるようになる事を願うばかりです。

NSデンタルオフィスの料金と説明について

致し方なく神経を取る治療となった方の根管治療について

関連記事

  1. 浜松市東区の歯科医院のNSデンタルオフィス

    1歳半検診、3歳児検診

  2. 知覚過敏で染みる歯

    知覚過敏

  3. 顎が痛い人

    顎関節症を理解しよう

  4. 口内炎

    口内炎ができる理由と対処法

  5. 歯科用ミラー

    根拠に基づいた歯科治療とは

  6. 歯が心配な女性

    歯並びが年々悪くなっている方

PAGE TOP