親知らずの抜歯は抜く人によって痛みの強さが変わる可能性があります



親知らずの抜歯と言うと痛いというイメージをお持ちの方が多いと思います。
下の親知らずの抜歯はどうしても痛みが避けられないケースがありますが、痛いの中でも少しでも痛みが少なくなる確率を上げたいのであれば、侵襲を少なく親知らずを上手に抜ける歯科医師に抜いてもらう事が大切です。親知らずの抜歯は処置時間が短ければ短いほど痛みが大きくなる可能性が低くなります。

NSデンタルオフィスでは浜松医科大学の口腔外科医が非常勤で在席しており口腔外科医による親知らずの抜歯を受ける事が可能となっております。

95%以上の親知らずは当院にて抜歯



他院で難しいと言われ断られるような親知らずも基本的には当院にて抜歯を行います。当院で抜歯できない親知らずは神経と親知らずの根の部分が明らかに接しているケースです。通常のレントゲン撮影で神経を損傷する恐れのある親知らずはCT撮影を行い、神経と接しているケースは口腔外科へ紹介いたします。
しかし、場所が変わった所で親知らずの抜歯の際の神経への影響は変わらないため大きい病院で抜くからと言ってリスクが無いわけではありません。リスクが表面化してしまった時の対応ができるというのが大きい病院の強い所となります。

親知らずは何故突然痛むのか


①親知らずの周りで細菌が繁殖し炎症が強くなる

親知らずの付近は歯茎ががぶさっていたり、手前の歯との間の歯周ポケットが深くなってしまったりするケースが多く、普段の歯磨きが簡単に届かない事により細菌が繁殖しやすくなります。
ですので多くの方が日頃から親知らず周りに炎症を抱えており、自覚症状はない状態ですが小さい炎症が起こっている状態となっております。
普段は免疫力が細菌をコントロールし炎症を小さいままにしてくれていますが、免疫力が下がってしまうと突然細菌達が強い炎症を起こし歯茎が腫れて痛みを引き起こします。このような慢性炎症が急性炎症となってしまうケースを炎症の急性化と呼びます。

②虫歯が神経まで到達してしまっている

親知らず付近は歯ブラシが普段から物理的に届かなくなってしまっているケースが多く、十分な歯磨きが困難な事が非常に多いことから虫歯好発部位となります。
それにより大きい虫歯ができてしまい、虫歯が神経まで到達して神経を興奮させる事により痛みが出てしまいます。

③親知らずが反対の顎の歯茎を噛んでしまう、頬を傷つけてしまっている

親知らずが変な方向に萌出してしまっている場合や、噛み合う歯が無く親知らずが飛び出してきたケースなどで軟組織を痛めそこから化膿してしまう場合があります。


親知らずはどういうケースで抜いた方が良いのか



抜いた方が良い場合

親知らずの付近の歯茎が腫れた感じがした事がある
親知らず付近がどうも痛む事がある
親知らずの生え方が中途半端で部分的に歯茎が被さってしまっている
親知らずが虫歯になってしまっている。もしくは虫歯を繰り返している。
親知らずによって傷が出来て口内炎ができる
親知らずの頭に嚢胞と呼ばれるできものがレントゲンで確認できる
親知らずがある事で清掃性が悪く手前の歯の虫歯・歯周病を誘発している


抜かなくても良い場合

真っすぐに萌出しており、しっかりと噛み合い機能している
骨の中に完全に埋まっていて感染していない場合
移植のためのドナー歯として利用できる可能性がある場合
ブリッジの支えとして使用できる可能性がある場合
矯正治療の固定元として利用できる場合


歯科医院の治療前にできる応急処置


万が一親知らず周りの歯茎が痛くなってしまった時に個人で行う事のできる医応急処置を紹介致します。

①市販の痛み止めを服用する
市販の痛み止めは特にロキソニンなどは痛みの緩和に有効な手段となります。
しかしあくまで1次的なものであり、痛みの原因は細菌が繁殖した事による歯茎の炎症である可能性が高く、痛み止めでも痛みが改善しない場合は早急に受診するようにしましょう。

②うがい薬で消毒する
コンクール等のクロロヘキシジン含有のうがい薬を持っている場合は消毒効果が期待できるのでうがい薬でブクブクうがいをするようにしましょう。

③丁寧に歯ブラシをする
親知らず周りの汚れが原因で炎症が起こっているため、磨ける範囲で構わないので優しく歯茎から出血しても丁寧に歯磨きをするようにしましょう。

PAGE TOP