1日で完了するセラミック治療

現在コロナウイルスが蔓延しており、高齢者の方や基礎疾患のある方の致死率は非常に高く、今までのように歯科医院に何回も通院して治療をするのは感染して命に係わる確率の高い方々にとっては不安でしかないと思います。

当院のこの最新のセラミック治療であれば長い時間集中して治療を受けて頂く事により、来院回数を大幅に減らす事が可能です。

また、これから癌などの手術が急遽決まった方でも、術前に早急にお口の中の環境を整えるために1日に何本もの歯の治療を行う事が可能です。

当院のセラミック治療”3Dプリンター”

当院はアメリカやドイツなどの歯科ではスタンダードとなっている、3Dプリンターを導入しております。

日本の歯科医療は最先端から5年以上遅れていると言われています。浜松でも当院にてようやく世界基準の治療ができるようになりました。
下記が3Dプリンターの治療の流れです。是非イメージして下さい。

1.削る
2.光のスキャナーにて歯の形をスキャン
3.パソコンが理想の被せ物の形を設計
4.3Dプリンターにてセラミックのブロックを被せ物に切削
5.被せ物の出来上がり
6.歯に接着 (全ての工程でおよそ1時間)

上記により、3つの大きなメリットが生まれます。

◼︎メリット1

わずか1時間で被せ物が装着できる、1日で完結する治療

◼︎メリット2

光でスキャンするため、歯型を取る材料の収縮によるズレが全くない超高精度

◼︎メリット3

他の種類のセラミック治療に比べ、余計な手間や経費が削減できる圧倒的コストパフォーマンス


院長の私はこの治療に本場ドイツで出会い、感動すると共に日本の歯科の遅れを痛感し、導入を決めました。浜松の方々に是非体験していただきたいです。

当院では長い時間を取らせて頂き、1日でかなりの本数の虫歯の治療を行う事も可能となっております。まずは精密な審査を受けて頂き治療計画を立ててから治療を行って参ります。

PAGE TOP