セレック(CEREC)とは



セレック(CEREC)とはCEramic REConstructionセラミックによる修復という意味を略して名付けられた、ドイツ発のセラミックの修復物を設計から制作までコンピューターで行う事のできるセラミック治療システムです。

今でこそ歯の型取りをする際に光学印象という光によるスキャンデータを利用しての修復物の制作が一定の認知をされておりますが、セレックは1985年から一貫してこの光学印象と言われる口の中を光でスキャンし、そのデータを利用し修復物の設計から制作を行うシステムを開発しており、現在の光学印象によるCADCAMシステムで圧倒的な他社の追随を許さない圧倒的な技術力を誇っています。

光学印象とは



歯医者が形を形成した歯を従来のようにゴムによる型取りを行うのではなく、レーザーなどの光によって歯の形をパソコン上にデータとして読み込む印象採得方法。嘔吐反射が強く従来の型取りが苦手な方でも苦がなく歯の形を読み込むことができ、その殆どのシェアを精度の高さからセレック(CEREC)が占めている。

データとして取り込んだ歯の形から被せ物を設計し制作する



光学印象によって取り込んだデータを用いて、人間工学エルゴノミクスに基づく設計ワークステーションにて被せ物の形をデザインする(CAD)。

デザインされた形にセラミックのブロックから被せ物の形を削り出す(CAM)事により被せ物が制作される。

セラミックにも種類があり、単純なセラミックの被せ物であれば削り出しを行ったあと、患者さんの口の中で微調整を行い、研磨し、接着する事でセラミックによる治療は完了する。

セラミックの中でも強度の高い、e.maxやジルコニア等はそこからもう一加工行う事で強度を上げる事ができます。

セラミックブロックの種類



セレックのよるセラミック治療と行っても材質の違いにより大きくわけて3種類に分類する事ができます。

・セレックブロック  最も一般的なセラミックブロック

・ジルコニアブロック 最も強度の強いセラミックブロック、他のブロックよりも透明性が若干劣る

・e.maxブロック   強度はセレックブロックより強く、ジルコニアブロックよりも美しい



ジルコニアブロックとe.maxブロックは今までは焼成という過熱工程が必要なためその日のうちに完成させる事ができなかったのですが、近年CERECの販売会社のSIRONA社から歯科医院で最短わずか10分程度で焼成の工程を完成させるSpeedFireFireという商品が販売されました。これにより、通常のセレックブロックのみでしかワンデイでの治療ができませんでしたが、強度の高いジルコニアやe.maxブロックをワンデイ治療に使用する事が可能となりました。



実際のセラミック治療のイメージ

NSデンタルオフィスの虫歯治療の特徴は3つ

POINT1 CERECによるセラミック治療が可能

歯の寿命を大きく左右するのは虫歯を取った後の詰め物の精度です。
日本の銀歯と海外の最新3Dプリンターによる治療による詰め物の工程を見ていけばその理由がわかると思います

・日本の場合…

削る→型を取る→型に石膏を流して模型を作る→技工士さんが歯の形をワックスで作る→できた歯の形のワックスを再び石膏で覆う→炉でワックスを溶かす→そこに金属を流し込む→医院にて装着

・海外の最新治療の場合…

削る→光で歯の形をスキャン→パソコン上で詰め物の形を設計→その場で3Dプリンターがセラミックのブロックを削り出し→装着

日本の詰め物は工程が圧倒的に多く、海外は工程が少ないことがわかります。工程が多いほど詰め物の形のズレが大きくなるのは想像しやすいと思います。

何より、海外の最新の3Dプリンターを使った治療は型を取るという作業がなく光でスキャンするため、日本のゴムのような物を固めて型取りをするより正確です。

ゴムは固まる時に小さくなってしまうのです。これが詰め物の大きさが正確でない1番の理由になります。

当院では海外では主流となっている光で歯をスキャンし、3Dプリンターで詰め物を削り出すシステムを導入しております。

例えば、日常生活の中で瞬間接着剤を使ったことのある方ならお分かりになると思いますが、割れてしまったものをくっつけるのに、破片同士の切断面がぴったりであるほど瞬間接着材でつけたあとの接着力の強さは高く、あまり切断面の形がぴったりでない物ほど接着剤で付けてもすぐに接着力が落ち、再び取れてしまうというのは想像しやすいと思います。

接着力というのは年々劣化していくため、いつかは取れてしまうものですが、限りなく長く接着力を維持するには詰め物の精度は非常に重要になります。


point2 可能な限り削らない、神経を残す


良質な虫歯治療を行う上で大切にしなければならない点はMIという概念です。
MIとはミニマムインターベンションの略で、「歯の削る量を最小限に抑え、本当に悪くなった所のみを除去して虫歯の治療を行うこと」です。

できるだけ歯を削らず、神経を保存することで歯の寿命を長く保つことができます。

歯の寿命を考えた時に神経のない歯は、将来的に歯が割れやすくなってしまったり根の先に炎症を起こし治療で治らない状態になってしまったりと様々なトラブルが起きやすくなってしまいます。

日本ではまだまだ神経を保存しようとしたがために後日痛みが生じることがあり、歯医者さんの立場からすると患者さんの事を思って神経を残して処置したにも関わらず、 痛みが出る事で 患者さんとの信頼関係を失いトラブルになるケースがあることから、神経が残せる可能性がある歯でも神経を簡単に取ってしまう先生がいらっしゃいます。


当院ではあくまで痛みが出る可能性は説明させて頂きながら、また、患者さんの希望を伺いながらも、できる限り神経を残せるように努力をしております。

point3 大切な事は値段ではなく適切な材料で虫歯に対処する事

自費治療のように値段が高い治療は使用する事ができれば歯の寿命にとって有利に治療を進める事ができるケースが非常に多いのは間違いない事です。

しかし、虫歯の大きさや部位によってはレジン充填という保険の治療で行える虫歯の治療を行った方が歯を削る量を最小限にできるため有利になる事があります。

最も大切な事は自費治療だからと言って良い、保険治療だからと言って劣っているというわけではなく、ケースによっては保険治療のレジン充填を選択した方が良いというケースもあります。



小児歯科についてはこちら

インプラント治療についてはこちら

歯周病についてはこちら

PAGE TOP