良い治療を行うための最新の設備を完備

3Dプリンター(セレックシステム)

セレックによる治療

アメリカやドイツなどの医療先進国では当たり前となった3Dプリンターによる治療を受けることができます。虫歯を取った歯を光でスキャンし、その場で3Dプリンターがセラミックのブロックを被せ物の形に削り出し、即装着することが出来る為、1回の来院で被せ物まで終えることが可能です。しかも人の手が入らないため、超高精度の被せ物が出来上がります。


マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)

マイクロスコープ

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)による治療を受けることができます。マイクロスコープによって高倍率の環境下で超精治療を行うことが可能です。治りの悪い根の先の炎症など他院で治すことができなかった歯も治すことができるケースが多々存在します


コーンビームCT

歯科用CTのインプラントシュミレート画像

CTを導入しているため、神経の走行や太い血管の走行、鼻の穴から繋がっている空洞の位置など3次元の情報を得ることができます。そのためインプラントや歯の移植、歯周再生療法などの高度な医療を限りなく安全に行うことができます。


ピエゾサージェリー

低侵襲で骨を切削する事が可能です。これにより外科手術の際の骨形成をやサイナスリフトと言ったインプラント時の骨造成に際し、術後の痛みや腫れを起こしにくくする事が可能です。


歯科用CO2レーザー

レーザーを照射する事で口内炎の治りを早める事ができたり、簡単な切開を術後の痛みを最小限に行う事が可能となります。



国立大学出身の歯科医師のみ
次ページ「国立大出身の歯科医師のみ」
PAGE TOP