歯医者に来る時の痛そうで不安な気持ちに応えたい

顎関節症の女性

歯医者は怖くて通うのが億劫。そんな気持ちに応えます

歯医者は怖い、歯医者の先生は怖いと言ったお話を伺う機会が非常に多いように感じます。みなさんも同じようなイメージを持っていらっしゃるのではないでしょうか。
歯医者は怖いイメージが強い、どんな治療をしているのかよくわからない、こんなにボロボロになるまで放置していたので恥ずかしいなど、患者様によって理由は様々ですが、来院に際して不安なお気持ちを持っていらっしゃる方が多いのは間違いないと思います。

浜松市のNSデンタルオフィスはそんな患者様の不安に応えるための歯科医院です。


痛みはできる限り少なく、治療内容もわかりやすく説明。どんな状態のお口でもしっかりと向き合わせて頂きます。

当院は痛みに関して患者様に安心して通院して頂けるように、最新の注意を払って治療を行っております。無痛治療と謳っている歯科医院もございますが、全ての治療を無痛で行うと言ってしまうのは、個人的には過大広告のように感じてしまいます。ですが可能な限り痛みの少ない治療を行う事は可能であるため、歯科治療を不安に感じていらっしゃる方に「全然痛くなかった」と仰って頂けるよう治療を行い、患者様に最大限の「痛くない」を提供できるように様々な施策を行っております。

NSデンタルオフィスの診療風景

インプラントですら痛くない治療を目指しています


インプラント治療と言うと外科的な治療で怖いというイメージを抱いていらっしゃる患者様が非常に多いように思います。しかし近年はインプラントの技術は進歩し、口腔内をスキャンしたデータとCTで撮影した骨のデータを結合しインプラントのシュミレーションを行う事で、歯茎を切らなくてもインプラントを狙った位置に埋入できるサージカルガイドというシステムが進歩して参りました。
この技術により、インプラント治療の侵襲をかなり限定することができるため、虫歯治療よりも痛みなくインプラント治療を行う事すら可能となりました。

インプラントのお話は一つの例ですが、痛みを少なくする技術は年々進化してさおります。もちろん、私自信の技術力で痛みなく治療を行っていく事も非常に大切な要素となります。

NSデンタルオフィスでは歯科治療に恐怖心を持っていらっしゃる患者様に安心して来院して頂くために、歯科医師本人の技術力や開発されていく製品の導入や新技術を使用する事で、可能な限り痛みの無い治療を提供して参ります。

麻酔は必ず2回法で行う事で痛みを可能な限り少なくします。


麻酔さえ効いてしまえばどのような治療を行っても治療中に痛みを感じる事はございません。多くの患者様が恐れていらっしゃるのは麻酔である事が殆どのように感じます。

当院は麻酔をする際に必ず2回法にて麻酔を行います。初回の麻酔を粘膜にかすかに刺さるような麻酔を打つ事で、2回目の麻酔をする際に痛みがなくなります。初回の麻酔は非常に浅く打つ事で患者様の中には麻酔をした事にお気づきにならない方もいらっしゃいます。

麻酔をして治療しているのに痛みがあった経験があり不安に思っている方へ


麻酔をしているにもかかわらず治療中に痛みがある理由は、①麻酔がそもそも効いていない②麻酔の技術的な問題ではなく、そもそも麻酔が効きにくい状態の2つが大きくわけて考えられます。

①のケースですが、麻酔はしっかりと骨膜と言われる骨の表面の膜の内面に注入しなければ歯の神経は麻痺しません。これに関しては技術力が問われたり、単純に骨が厚かったりするせいで術者の握力が求められたりします。
NSデンタルオフィスでは2回法で麻酔を行うため、骨膜下に麻酔をする前に必ず粘膜下に麻酔をしてから行います。しっかりと骨膜下を捉えて麻酔を行う事ができるため、麻酔が効かないとい事が起こりにくく可能な限り治療中に痛みが出にくいよう工夫をしております。

②のケースですが、歯の中の神経自体がかなり興奮している状態であったり、麻酔を効かせたい部位に強い炎症が起こった状態では麻酔が非常に効きにくい状態となります。
来院する時点で痛みがある状態がこれに該当しますが、通常の麻酔で効果がない場合、神経の根本に麻酔を打つ事で麻痺させる事ができる伝達麻酔と言われる難易度の高い麻酔があります。NSデンタルオフィスは口腔外科が得意な歯科医院ですので伝達麻酔を行う事が可能です。どうしても局所麻酔が効かない時は痛みを我慢して治療を行うような事はせず、伝達麻酔を行う事で痛みを除去し治療を行います。
また、親知らずの周り等の歯茎に炎症があり痛みのあるケースでは、抜歯をして下さいと患者さんがいらっしゃるケースが非常に多く見受けられます。しかし歯茎に自覚症状がある程強い炎症が起こっていると麻酔が効かない事が多く抜歯を行う事はタブーとされております。その場合は焦って麻酔が効かない状態で抜歯を行うのではなく、抗生物質で炎症を弱めて別日に麻酔が効く状態で痛くなく抜歯を行っていきます。

NSデンタルオフィスではどのような場合も、痛みがある状態で治療を無理やり行う事は致しません。

CTやマイクロスコープやピエゾサージェリー等の最新設備を完備し侵襲を少ない治療を提供します


NSデンタルオフィスは最新の設備が揃っているため診断を正しく行ったり、侵襲を少ない治療を行う事が可能となっております。また、デジタルのレントゲンは被爆量が圧倒的に通常のレントゲンより少なく、CT撮影は通常のレントゲンではわからないような原因を見つける事が可能です。

良い設備があれば良い治療ができるかと言われれば必ずしもそうではありませんが、安全に治療を行うためには私は必須の設備だと考えております。
今後も患者さんのご負担が少しでも軽減できるように努力して参ります。


患者さんが先生と不安を相談できる環境を提供します


私達は患者さんの気持ちを1番に考えて治療計画を立案致しますので、歯科医師にありがちな自分の理想の完成形になるために様々な手術を受けなければ治療はしないと言った偏った意見を持たないように心がけ、患者さんとしっかりと相談し多少回り道となろうができる限り患者さんが納得できる方法を模索していくよう努力致しております。

表彰状

日々、患者さんと向き合う事で患者様に信頼して頂き、その実績が評価され2018年にデンツプライシロナ社(インプラント世界シェア2位)から表彰して頂きました。

診療従事者は歯科医師、歯科衛生士のみ


歯科医院は現在、歯科衛生士不足に悩まされる医院が非常に多く、診療に携わる歯科関係者の中で全く資格を持たない歯科助手であるケースが非常に多くなっております。浜松でも歯科衛生士不足に悩まされる歯科医院は少なくありません。

NSデンタルオフィスではスタッフ教育を継続して行い、スタッフの働きやすい職場環境を構築する事で歯科衛生士を確保し、現在診療に従事するスタッフは歯科に関する専門知識をしっかりと学んだ歯科医師と歯科衛生士のみとなっております。

怖いと言う方にはまずは情報だけ提供します


痛みが無いと言ってもやはり治療に対する怖いイメージがあって迷ってしまう。しかし、自分の歯がどうなっているかは心配だと言う方もいらっしゃると思います。
虫歯治療はできる限り迅速に行わなければ進行してしまいます。しかし、患者様が安心感を持ってから治療を受けて頂かないと、お口が緊張により大きく開かない事で、楽に終えられる治療が難しいものへと変わってしまう事がございます。

まずはしっかりと今の状態を把握して頂き、初回は歯石除去等の痛みのない治療を行い、当院に慣れて頂いてから治療を行う事も可能です。そのような方は遠慮なく仰って頂ければと思います。

診療メニュー


セラミック治療顕微鏡による根管治療
インプラント治療歯周病治療
ホワイトニング小児歯科・予防歯科
親知らずの抜歯・移植交通事故による歯の損傷

最近の記事

  1. 浜松市東区の歯科医院のNSデンタルオフィス
  2. 口内炎
  3. 歯の神経の走行
  4. 知覚過敏で染みる歯
    知覚過敏とは

    2021.01.18

  5. 顎が痛い人
    顎関節症

    2021.01.18

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP