歯周病とは



歯周病とは歯を支えている歯槽骨という骨が吸収して無くなっていく病気です。この病気が進行すると歯がグラグラし、歯を失ってしまいます。

歯周病の初期から中期には痛みなどの自覚症状がでないことが多く、気付いて歯科医院を受診した時には深刻な状態まで進行していることが多いのが恐ろしい所です。


歯周病の原因を詳しく解説



お口の中には沢山の細菌が住んでおり、食事の食べ残しでできるプラーク(歯垢)の中にはその細菌が高密度に集まっております。その細菌の出す毒素によって歯茎に炎症が起こるのですが、イメージしやすいのは花粉症です。

鼻の粘膜につく花粉が多くなってくると炎症が起きます。歯茎も同じで、細菌の出す毒素が多くなると炎症が起きます。花粉症との違いは自覚症状がないことです。
この歯茎の炎症が長期的に続くことにより、歯を支えている骨が溶かされてしまうのです。


NSデンタルオフィスの歯周病治療について



歯周病の治療というのは、歯茎に炎症が起こっており、骨が溶かされていく状態から歯茎の炎症がない状態とし、それを維持することができれば骨が溶かされることはないため、健康な歯茎を維持することとなります。細菌の出す毒素が炎症を引き起こしますので、細菌の数を少なくし、細菌が毒素を出しにくいようにしていきます。

細菌の数を少なくするためには歯石というプラーク(歯垢)が石灰化してできた汚れを落とす必要があります。1度歯石ができてしまうと、歯石は歯磨きで取れるものではないため歯科医院にて専用の機械でクリーニングしたり、手用の歯石を取る道具で除去するしかありません。

更に、細菌の出す毒素を少なくするには、歯磨きの質を上げ細菌の栄養源である食べかすを食後にきれいに取り除く必要があります。

歯医者による専門的な掃除を受けて頂いた後、ご自身で適切な歯磨きをしていくと炎症が治まり、歯周病の進行を止める事が出来ます。



治療の流れ

1、歯茎の検査を行い、炎症の起こっている部位の特定、歯周ポケットの深さの測定を行い、歯周病の進行度を確認

2、歯茎の上にのっかっている歯石の除去。(スケーリングと言います)

3、スケーリングにて歯茎の炎症が治癒したかを確認。治癒していれば定期健診に。治癒していない場合は4へ。

4、歯茎の中(歯周ポケットの中)に付着している歯石の除去(SRPと言います)

5、SRPにて歯茎の炎症が治癒したかを確認。治癒していれば定期健診に。治癒していない場合は6に。

6、歯周外科と言われる。外科的な歯周病の手術を行います。

7、歯周外科後の歯茎の状態を確認し定期健診へ。

歯周病の流れ
PAGE TOP