知覚過敏とは

知覚過敏で染みる歯

知覚過敏とは


冷たいものを飲んだり食べたりした際に、歯が染みると感じた事のある方は多いと思います。知覚過敏とは、歯の中の神経が過敏に反応してしまう状態の事を指します。

知覚過敏の原因

知覚過敏の原因は大きく分けて2つ。

1つ目は刺激を神経まで伝えやすい根っこの部分が露出してしまている事。

歯茎が下がり根が露出してしまった部分は非常に刺激を通しやすく、知覚過敏の原因になります。歯茎が下がる原因は歯周病が進行していたり、歯磨きが強すぎて歯茎が退縮してしまったり、歯ぎしりなど様々な原因が考えられます。

2つ目は歯の中の神経がかなり興奮した状態になってしまっている事。

歯の中には神経が通っており、その神経自体が刺激に対する閾値が低い状態となっていると知覚過敏が生じます。神経が敏感になってしまう主な原因は歯ぎしりや食いしばりによる力のかかり過ぎであったり、ホワイトニングの薬剤の刺激により神経が興奮させられているなどの理由が考えられます。

知覚過敏の治療


NSデンタルオフィスでは知覚過敏の治療を積極的に行っています。

原因が先ほどの1つ目に該当する方は、露出してしまった根は再び歯茎で覆われる事は不可能なため、いかに刺激を遮断してくれるバリアを作れるかが重要になります。

唾液の成分にリンとカルシウムが含まれており、その成分が根の表面にリン酸カルシウム結晶というバリアを作る事によって知覚過敏症状を軽減する役割があります。リン酸カルシウム結晶は汚れがしっかりと掃除された歯にしか付着してくれないため、歯科医院でクリーニングを行い、その後、ご自身で適切な優しさでしっかりと日頃の汚れを落として頂く必要があります。

その際、研磨剤を含まない歯磨き粉をお勧めします。研磨剤はせっかく出来上がったリン酸カルシウム結晶をはがしかねません。

原因が先ほどの2つ目に該当する方は夜寝る時にスプリントと呼ばれるナイトガードを作成し使用する事で、過度に1本の歯に力が集中する事を避ける必要があります。

スプリント(マウスピース)

ホワイトニング剤のよって神経が興奮している場合はホワイトニングを1度中断し歯科医院に相談するようにしましょう。

歯磨き粉は研磨剤の入っていないものを推奨


研磨剤と言われる成分が歯磨き粉の中に含まれております。
研磨剤の役割は歯の表面に付着した着色汚れを落とす事ですが、研磨剤と呼ばれる名前の通り歯の表面を研磨する事で汚れを落としているため、歯茎を傷つけてしまったり、露出した根を傷つけてしまう事があるため、知覚過敏を助長させていまうケースがございます。

今は研磨剤が含まれない歯磨き粉も増えて参りましたので、知覚過敏でお悩みの方は研磨剤が入っていない歯磨き粉をお勧め致します。
しかし、研磨剤が入っていない歯磨き粉には着色汚れが付着しやすいと言う弱点もあるためご自身にあった歯磨き粉を選択するようにしましょう。

被せ物や詰め物をしたら歯が染みるようになった


被せ物や詰め物をしたばかりの歯が染みた経験がある方は多いのではないでしょうか。原因はいくつか考えられますが最も可能性が高い原因は虫歯を削りとった事により神経が弱って過敏な状態になっている事です。

神経が過敏になっている場合、通常は時間の経過とともに染みが弱くなっていきますが、中には神経の興奮がどんどん強くなってしまい神経を取らなければ症状が治らないケースもございます。

また、単純に銀歯を入れた場合、銀歯は熱の伝導性が良いので刺激を伝えやすかったり、セメント(接着剤)自体に強い刺激性があるためそれが刺激して神経を興奮させている可能性がございます。

被せ物を入れたばかりに染みる方は様子を見ても大丈夫かどうか歯科医師に相談する事をお勧め致します。

当院の料金表と説明


関連記事

  1. 顎が痛い人

    顎関節症

  2. 浜松市のNSデンタルオフィスの大人の乳歯残存の説明に納得する女性

    大人になっても乳歯が残っている方の治療

  3. 3Dプリンター(セレック)

    3Dプリンターによるセラミック治療体験談

  4. 歯ブラシと歯磨き粉

    歯磨き粉の効果ってどの位?

  5. 歯の神経の走行

    直接覆髄法|神経を残す治療法

  6. 抜歯の判断基準とその後の治療

PAGE TOP