可能な限り神経を残す、可能な限り歯を残す事ための治療


近年の急激な歯科医療の発達により歯を抜かずに残す治療、神経を保存するための治療が急激に発達して参りました。

技術の進歩があまりにも早いためどこの歯医者に通院しても浜松市内であればあまり変わらないだろうという時代は過ぎ去り、今や歯科医院の選択で自分のお口の中の将来的な健康が決まってしまうと言っても過言ではありません。

浜松市のNSデンタルオフィスでは最新の技術と知識を用いて可能な限り歯を抜かずに保存する事をお約束しております。また、虫歯治療においても神経を残せる可能性があるケースでは可能な限り神経を取らない治療を行っております。

この記事を読んで頂いている方に現在の歯科医療がどれくらい進化しているのかを知って頂き、ご自身の歯で将来も美味しく食事ができるようNSデンタルオフィスは日々進化していく事をお約束致します。


歯の神経を残すための治療知ってますか?


虫歯が神経まで到達しているので神経を取らなければいけない。今日までの歯科治療では大学始め様々な教育機関でそのように私達歯科医師は教育されて来ました。ですから今の時代も痛みがない歯でも神経まで虫歯が到達していれば神経を取り治療を私含め多くの歯科医師が現在進行形で行っております。

しかし近年歯の神経は虫歯の原因菌の感染した部位だけを除去することで感染していない部位は残すことができるという事がわかり、治療法が確立して参りました。これをMTAセメントを用いた直接歯髄覆髄、生活歯髄切断法と呼びます。

前者は歯髄を部分的にも除去することなく露出してしまった神経にMTAセメントで封鎖を図る方法。後者は細菌感染した部位の歯髄は取り除き、残った神経をMTAセメントで封鎖する方法となります。

この方法により歯の神経を残すことが可能なケースが増え、根の治療を回避できる可能性が高まります。

しかし、全てのケースで歯の神経を残せるわけではありません。神経の状態が良くいくつかの条件が揃っていること、さらにマイクロスコープと呼ばれる歯科用顕微鏡を駆使すること、保険適用されていない露出してしまった歯の神経部を封鎖するセメントを使用する必要がある事が条件となります。

皆様の大切な歯を守るために神経を部分的にでも残す治療は今後どんどん広がっていき、スタンダートになっていくと思いますし、今現在その手技や治療用の材料の進化が最も注目されている分野の一つとなっております。


歯の神経を残す治療においてクリアしなければならない問題点


1番の問題は保険診療でこれを行うと必要な治療時間、封鎖するセメント等の信じられないようなコストとボランティアどころか大幅な赤字が出てしまう事です。我々保険医は限られた予算の中、限られたルールの中でしか保険診療を行う事ができません。従来通りのやり方でしか治療をできないのがルールとしてあり、それを厳守しなければなりません。

ですので保険の治療では、神経が大幅に露出してしまった歯の神経は最新の治療を行えば残せる可能性があるケースでも神経を従来通りの治療法で取らなければなりません。もちろん歯の神経を取り除く治療は近年大きく進歩して参りました。ですので安心して治療を受けて頂きたいですし今でもゴールデンスタンダートな治療です。

NSデンタルオフィスでは保険の治療ではその決められらルール内で最高の治療を、自費の治療をご希望の場合は最新の歯科医療を提供させて頂きます。どちらの治療もできる限り歯を削らず保存するよう努めることは共通しております(MI(ミニマムインターバーション)と呼ばれる)。

歯の治療も神は細部に宿ります。小さい所までこだわる方には自費治療でも虫歯治療をお勧め致します。

自費での虫歯、歯の神経を残す治療、どうしても神経を抜かなければいけない際にマイクロスコープでの精密な治療をご希望の方は初診の際にお時間を長く頂く必要がございます。自費治療での虫歯希望と予約の際にお伝えください。

緊急のケースでご来院された場合、やむなく通常の治療にて応急処置を行い、その後自費治療に移行させて頂くケースもございます。


歯を可能な限り抜かないためにはどうする?


NSデンタルオフィスでは歯をできる限り抜かないような治療を行っております。現実的な問題として歯を抜くかどうかの判断は歯科医師の先生によって確実に差があります。

どのような違いがそうさせるのでしょうか。皆さんここまで読んで頂いた方であればお気付かもしれませんが、かなりの部分が歯医者の技術、知識に依存しています。残せないと言われた歯でもしっかりとした知識と技術を学んでいれば残せるケースが沢山あるように私は感じております。

更にお話しすると、最新の知見により残せる歯を残す事、残せずに周りに迷惑をかけてしまう歯をしっかりと抜歯する事はセットでなければなりません。

残せる歯を残せないと言い抜歯となってしまうケースも問題はありますが、早く抜かないと様々な悪影響を及ぼす歯を抜かない医院と謳って抜かない事も問題です。

この判断基準をしっかりと持っているかどうかで患者様の抜く・抜かないが決められていきますので何よりもしっかりとした根拠を持った治療を行って行く事が大切であり、抜かない=良い歯科医師とは簡単にならないと言う事は知っておいて頂きたい所であります。

ですので患者様はご自身で先生のお話しを聞き、本当に妥当な理由で抜く・抜かないを判断する必要がありますがこれが現実的に難しいと思います。こんな時は残せるようにチャレンジしますという例を以下に書いて参りますので参考になさって下さい。

当院でチャレンジしていく代表的なケース


まず一つ目は根管治療(歯の根の治療)を他院で行ったが腫れが改善しないケース。根の治療の成否は術者依存の要素が大きいためまずは諦めず私自信が根の治療を再度行います。治癒しなければ外科的なアプローチを行います。私自信が最善な治療を短期間(これ大切です)で尽くしそれで結果が出なければ抜歯を考えます。患者様には根の治療は術者が大切だという事を知っておいて頂ければと思います。

二つ目は歯に穴が開いてしまったというケース(パーフォレーション)。これは近年MTAセメントと呼ばれるセメントを使用し封鎖することで治癒する可能性があります。しかし保険診療で行う事ができないため保険診療で行う場合は根の分割により対処可能なケースもございます。

三つ目は適切な歯周病治療が行われていないケース。しっかりとした歯周病治療を行うことで、諦めていた歯でも安定してくるケースがございます。薬を飲むだけで歯周病を治すなどという根拠の薄い治療や歯肉縁上歯石(歯茎の上に乗っ方歯石)のみを除去し踏み込んだ治療が必要にも関わらず行わない治療に惑わされず、世界的な歯周病学会の優秀な先生方が議論を尽くしたガイドラインに沿って治療を行う必要があります。

歯医者の先生は患者さんに良くなって頂きたいという強い意志を皆さんもっていらっしゃいます。浜松の様々な先生を見ていてもそれは間違いありません。


私も全ての分野で最高の知識や技術を持っているわけではなく、他院の先生が得意な分野も当然ございますし、全ての分野で完璧な知識と技術を得ることは日進月歩で進化する歯科治療では実質不可能でもあります。


とは言え、勉強をする事でしか患者様に良い医療を提供する事はできないため、NSデンタルオフィスはその中でも患者様の歯の寿命にダイレクトに関係してくる分野に比重を置き勉強し、日々の診療に生かしております。

NSデンタルオフィスの精密根管治療はこちらをご覧ください


NSデンタルオフィスに任せておけば残せる歯を何とか残して貰える。そう患者様に仰って頂ける事に仕事のやりがいを感じます


歯科治療は痛いというイメージといった怖いという不安を感じる方は非常に多いと思います。せめてこの歯科医院に治療の事は任せておけば安心できると皆様に仰って頂けるようにNSデンタルオフィスでは治療を提供させて頂きます。



自費での歯を極力残すための治療をご希望の方へのお願い


NSデンタルオフィスでは保険治療でも、自費治療でも可能な限り歯を残す、神経を残す治療を行っておりますが、やはり自費治療での虫歯や根の治療の方が使用できる薬の種類、お取りできる診察時間等様々な面で出来る治療の範囲が広くなります。

自費治療による虫歯治療、根の治療をご希望の方は予約の際にそのように仰って頂き予約をお取り頂くようお願い申し上げます。


NSデンタルオフィス ご予約はこちらから
tel:053-411-5008

PAGE TOP