院長の鈴木宏尚の画像

院長 鈴木 宏尚



経歴

H21年3月  東北大学 歯学部 卒業
H21年4月  東北大学 歯学部 第二総合診療室 入局
H21年10月  東北大学 歯学部 口腔診断科 入局
H22年10月  浜松市にてNSデンタルオフィス 開業 
H30年4月  医療法人社団ほほえみ設立 理事長に就任
R 2年7月  スタディーグループ TUG 代表就任

新しい治療に挑戦し、浜松で最も信頼できる最新の歯科医療を提供したい



このたびは、NSデンタルオフィスのホームページをご覧くださり、誠にありがとうございます。
現在世界は劇的なスピードで様々な変化を起こしているにも関わらず、私の幼い頃から知っている歯医者のイメージはそれほど大きく変わっておりません。
つまり患者さんにとって素晴らしいイノベーションが起こっていないのです。
私は患者さんにとってより良い歯科医療を提供するため、そして私自身が浜松、そして日本の歯医者を背負っていけるようになるためイノベーションを起こし歯科医療を劇的に変える事ができると信じて現在デジタル化を最大限活用したプロジェクトを進行しております。

近年大手企業でもDX化(デジタルトランスフォーメーション)が進んで参りました。デジタルトランスフォーメーションとは進化したデジタル化技術を浸透させる事で、人々の暮らしをより良い方向へ変化させる事を指します。
実は歯科界でもここ最近はデジタル化の技術が育ってきておりますが、歯科医師にとって様々な媒体のDATAを取り扱う事が非常に難しく、手間もかかるため、上手に診療に活用する事ができていませんでした。

デジタル化が歯科界の今後を大きく変えるものだと信じております。
その理由は3つ


1つ目はデジタル化により様々な患者様のお口の情報がデータ化され、仮想口腔を作りだす事ができるため、私達が患者さんが来院していない時間での準備の進行具合をデーターの共有で確認し、体験する事ができる。

2つ目はデジタル化により、3Dプリンターの使用が可能となりセラミック治療であれば1日、ブリッジであれば翌日には治療を完成できるためスピード感のある治療が可能となる事。

3つ目はデジタル化によりいつでも自分の情報をいつでも確認する事ができるため、以前はホームぺージ→診療所受診の1方向の流れが、ホームぺージ→診療所→ホームぺージ(今の治療について疑問があれば即座に質問が可能)→診療所と言ったように、常に自分の状態を確認し治療に対する疑問を歯科医師に相談する事ができる事で満足度が段違いに上がる事。

これらの理由で患者さんにとって歯科医療がより患者さん一人一人にパーソナライズされる事で今まで患者さんの努力で歯科医院サイドに歩調を合わせていた部分が解消できるのではないかと考えております。

当院では現在集中治療としてデジタル化を利用したセラミック治療を1日で複数本行う事で、患者さんの来院回数を大幅に削減し喜んで頂いております。
更にインプラント治療にデジタル化を利用する事で、2回の来院でインプラント治療を完結するという取り組みにチャレンジしており、近日中に本格的な治療プランに取り入れていく予定でおります。
更にインプラント治療が完了するまでの過程を患者さんが簡単に確認し治療をより理解できるような取り組みも計画しております。

デジタル化を通して私は歯科医療のパイオニアを本気で目指しており、患者様にその体験を感動して頂くと共に、診断に疑問を持たなくなったり、来院回数を少なくできる事で様々なニーズに応える事ができるように医院を変化させ続けたいと考えております。

セレック


スタディーグループTUGの代表に就任致しました



東北大学出身の先生方からなる勉強会TUGの代表に就任致しました。TUGは東北大出身の先生が集まり、日々の新しい治療や難しい症例を議論し勉強する場です。熱心な先生が集い日常の臨床で迷ったりする事をディスカッションしたり、最新の論文の査読等を行い、最先端の歯科医療を学ぶ事を目的に活動しております。

この度、代表に就任する事となり一層TUGを盛り上げ浜松の皆様にそこで培った知識や技術を提供する事ができればと考えております。



患者様の気持ちに配慮した治療
次ページ「患者様の気持ちに配慮した治療」


感謝



PAGE TOP