NSデンタルオフィス院長 鈴木宏尚

院長からのご挨拶と決意


院長 鈴木 宏尚

経歴

H21年3月  国立 東北大学 歯学部 卒業
H21年4月  国立 東北大学 歯学部 第二総合診療室 入局
H21年10月  国立 東北大学 歯学部 口腔診断科 入局
H22年10月  浜松市にてNSデンタルオフィス 開業 
H30年4月  医療法人社団ほほえみ設立 理事長に就任
R 2年7月  スタディーグループ TUG 代表就任

東北大学歯学部について

所属

日本歯科医師会
静岡県歯科医師会
浜松市歯科医師会
日本歯科医師連盟

最新の治療に挑戦し、浜松で最も信頼できる歯科医院を目指したい


浜松市東区の歯科医院のNSデンタルオフィスの院長の鈴木宏尚と申します。この度は当院のホームページをご覧下さり誠に有難うございます。


現在世界は劇的なスピードで様々な変化を起こしているにも関わらず、私の幼い頃から知っている歯医者のイメージはそれほど大きく変わっておりません。
これは患者さんにとって素晴らしいイノベーションが起こっていないとも言えます。
当院は患者さんにとってより良い歯科医療を提供するため、そして私自身が浜松、そして日本の歯医者を背負っていけるようになるためイノベーションを起こし歯科医療を劇的に変える事ができると信じて日々の診療に従事し、勉強会にて仲間と共に勉強をしております。

近年大手企業でもDX化(デジタルトランスフォーメーション)が進んで参りました。デジタルトランスフォーメーションとは進化したデジタル化技術を浸透させる事で、人々の暮らしをより良い方向へ変化させる事を指します。
実は歯科界でも近年、デジタル化の技術が育ってきておりアメリカや欧州を中心にかなりのスピードで進化を続けております。しかしデジタル化を歯科に応用するに辺り、プログラミング等の知識や、様々なDATAの管理等の多種多様なリテラシーの向上が求められており、技術職である歯科医師にとってスムーズにデジタルを使った診療を行う事がハードル高いものとなってしまっているのが現状です。

NSデンタルオフィスはそのような流れの中で、歯科とデジタル化がもたらす利便性を積極的に取り入れて行き、最終的にその領域をリードしていくような存在となり、患者様に様々なメリットを提供させて頂けるようになる事を一つの目標としております。

デジタル化が歯科界の今後を大きく変えるものだと信じております。
その理由は3つ


1つ目はデジタル化により様々な患者様のお口の情報がデータ化され、仮想口腔を作りだす事ができるため、私達が患者さんが来院していない時間で行っている設計のデーター等をいつでも共有し確認できる事で、今まで見えなかった歯科医院の診療中以外の準備を簡単に確認できる事。

2つ目はデジタル化により、3Dプリンターの使用が可能となりセラミック治療であれば1日、ブリッジであれば翌日には治療を完成できるためスピード感のある治療が可能となる事。

3つ目はデジタル化により自分の歯並びの情報をデータとして保存する事で、年齢を重ねる毎に変化する歯並びの変化を視覚化し確認する事で診断の大きな助けとなる事。

光学印象にて採取した歯のデータ

これらの理由で患者さんにとって歯科医療がより患者さん一人一人にパーソナライズされる事で、今日までの歯科医療における治療回数や診断のわかりやすさやの部分の問題が解消できるのではないかと考えております。

当院ではまずは2つ目に上げさせて頂いた、スピード感のある治療を既に取り入れており、スピード集中治療としてデジタル化を利用したセラミック治療を1日で複数本行う事で、患者さんの来院回数を大幅に削減し喜んで頂いております。
更にインプラント治療にデジタル化を利用する事で、2回の来院でインプラント治療を完結するという取り組みにチャレンジしており、近日中に本格的な治療プランに取り入れていく予定であります。
インプラント治療が完了するまでの過程を患者さんが簡単に視覚的に確認する事で、治療をより理解できるような取り組みも計画しております。

私達はデジタル化を通して歯科医療のパイオニアになる事を本気で目指しており、患者様にその体験を感動して頂くと共に、診断に疑問を持たなくなったり、来院回数を少なくできる事で様々なニーズに応える事ができるように医院を変化させ続けたいと考えております。


光学印象を利用した3Dプリンタによるセラミック治療について

セレック

患者様の痛そうで怖いと言う気持ちと向き合って参ります


私も幼い頃、歯医者に行く事は怖くて痛そうだというイメージを強く持っておりました。その印象は成人してもぬぐえず、大学の実習で麻酔を打つ授業がある時も、いつも心の中で怖さを感じながら実習を行っておりました。

私達は患者さんが歯科医院に来院すると言う事は非常にハードルの高い事なのだと言う事をしっかりと理解し、来院して頂いた際に極力不安な気持ちにならないような歯科医院を日頃より当院は目指して参ります。

不安が強い方は私達の日頃の取り組みについての記事をお読みください。

歯医者に来る時の痛そうで不安な気持ちに応えたい

できる限りの歯を残したい


近年の歯科治療で最も大きく進化してきた分野は、歯内療法と呼ばれる根管治療(根の治療)です。何故それほどの変化が起こったのでしょうか。

最も決定的に以前と変化している要素として、マイクロスコープと呼ばれる歯科用顕微鏡の登場があげられます。

以前は根の中を覗いても肉眼では根の管の入り口付近が大まかに見える程度の中で感染してしまった歯質や過去に入れた薬を感覚で除去しておりました。マイクロスコープが登場し、歯科医師がマイクロスコープで根の中を覗くと感覚のままに感染した部位を綺麗に取り除いていたつもりが、顕微鏡下で見るとかなりの感染原の取り残しが認められました。
これにより、肉眼での診療に限界を感じた歯科医師達がマイクロスコープで根の中の消毒、感染原の除去を行った結果、以前よりも大幅に根の治療後の歯の寿命が延びる事となりました。

NSデンタルオフィスでは、浜松ではまだあまり多くの医院が取り扱っていない精密根管治療(マイクロエンド)を受けて頂く事が可能です。他院で抜歯と診断せれてしまった歯でも残す事が可能なケースもございますので、抜歯の診断にお悩みの方は是非ご相談頂ければと思います。

NSデンタルオフィスの精密根管治療

日本歯内療法学会の歯内療法先進技能習得教材実習項目にマイクロスコープの技術が取り入れられております

スタディーグループTUGの代表に就任致しました


東北大学出身の先生方からなる勉強会TUGの代表に就任致しました。TUGは東北大出身の私と年齢の近い先生が集まり、日々の新しい治療や難しい症例を議論し勉強する場です。熱心な先生が集い日常の臨床で迷ったりする事をディスカッションしたり、最新の論文の査読等を行い、最先端の歯科医療を学ぶ事を目的に活動しております。

この度、代表に就任する事となり一層TUGを盛り上げ浜松の皆様にそこで培った知識や技術を提供する事ができればと考えております。

NSデンタルオフィスは国立大出身の歯科医師のみ

土曜日・日曜日・祝日も診療

NSデンタルオフィスのウイルス感染防止対策

最新の設備を完備


感謝



PAGE TOP