歯並びが年々悪くなっている方

歯が心配な女性

歯周病患者に起こりやすい病的な歯の移動とは

病的な歯の移動(PTM:pathologic tooth migration)は、中程度から重度歯周病患者さんにおける一般的な合併症です。
人間は夜寝ている間、もしくは日中でも食いしばる事により歯はその力を受け止めています。歯周病患者さんにおいては歯を支える骨が減少しておりその力に対抗できなくなり、まず最初に下の奥歯が手前側へと移動を始めます。それにより、下の前歯が押されてしまい、下の前歯の歯並びが飛び出したり引っ込んだりという変化が起こり、同時に奥歯が傾斜した分、かみ合わせが全体的に深くなっていきます。(咬合高径の低下)
それにより、下の前歯が上の前歯に力を強くかけるようになってしまい、フレアアウトと言って以前より上の歯が出っ歯になって行くという一連の歯並びの変化を病的な歯の移動と呼びます。

歯周病患者の病的な歯の移動

歯周病の治療には矯正治療が必要とされるケースが多い

2005年に発表されたこちらの論文によると、歯周病患者の30.03~55.8%の範囲で罹患しているされております。
病的な歯の移動が起こってしまうと咬合崩壊が起こってしまう可能性は1段と高くなるため、本来であれば歯周病の治療に際し、矯正治療が必要とされるケースは潜在的にかなり存在していると考えられます。
しかし矯正治療は時間も費用もかかるため、中々治療の提案をしても受け入れてもらえないのが現状です。
しかし、本当にしっかりとした歯周病治療を行いたいのであれば矯正治療が必須なケースが多いため、その必要性をご理解頂くために今回ブログの記事とさせて頂きました。
浜松市東区の歯科医院NSデンタルオフィスでは病的な歯の移動に対する歯周病治療を行っております。まさに私であると思い当たる点があれば1度ご相談して頂けたらと考えております。

著者 NSデンタルオフィス 院長 鈴木宏尚

歯周病の基本的な治療についてはこちら↓

関連記事

  1. 顎が痛い人

    顎関節症を理解しよう

  2. 1歳半検診、3歳児検診

  3. 歯科用ミラー

    根拠に基づいた歯科治療とは

  4. 口内炎

    口内炎ができる理由と対処法

  5. NSデンタルオフィスの口臭治療

  6. 歯科定期健診

    定期健診でクリーニングを3か月に1回受けていたけど・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP