定期健診でクリーニングを3か月に1回受けていたけど・・・

歯科定期健診

浜松市にあります歯科医院NSデンタルオフィスの院長の鈴木です

NSデンタルオフィスにいらっしゃる患者さんの中に転勤でいらっしゃた方や、年配の先生方の閉院により転院していらっしゃる患者様が結構いらっしゃいます。

そのような患者さんの中でも、「毎月検診を受けていました」とか、「3か月に1度クリーニングを受けていました」だとか患者様の健康意識が高い方も多いのですが、

困ったことに私がお口の中を拝見すると「その検診やクリーニングに意味があったのだろうか?」と思うケースに頻繁に出会います。

今まで見てもらっていた先生を凄く信頼している方が殆どなため、「当院の基準では今の状態は長期的にみて良い状態を保つのは難しいです」と正直にお話しすると、「前の先生と言っていることが違う」

となんだか私が悪いかのような口調で反論されるのですが、私の考える長期的に安定した状態と違っているものを「大丈夫です、今の状態は素晴らしいです」とお伝えするわけにはいけません。

ここで重要なことは定期的にクリーニングをすることの意義は何かということです。

定期的にクリーニングすることの意義は、歯茎に炎症がないことにより歯周病が進まないことだと私は考えております。

歯周病は歯茎に炎症が継続していると、歯を支えている骨が少しづつ溶けていく病気です。この際自覚症状はありません。

歯茎に炎症がない状態を保てれば歯周病は進行しません。

歯茎の炎症はお口の中の細菌が増えることにより起こります。クリーニングを定期的に行うことで、歯茎の炎症の抑制につながるというエビデンス(信頼に値すると評価された論文とお考えください)が多数

存在するため、私達歯科医師は定期的にメインテナンスを行う必要性を訴えているのです。

しかし、先ほどもお話しさせて頂いた通り、定期的にメインテナンスをしているにも関わらず、または、患者さんが歯磨きをしっかりしているにも関わらず歯茎に炎症が多数起こってしまっている患者さん

に出会うことが非常に多いです。

私達歯科医師の仕事は患者さんが歯磨きをしっかりとして頂ければ、歯茎に炎症がない状態でいられる口腔内環境を作ることにあると考えております。

どんなに以前の先生が問題ないと患者様に伝えていたとしても私は譲る気はありません。

NSデンタルオフィスのメインテナンスは長期的に患者様が美味しくご飯を食べて頂けることを目標にしております。お口の中の管理で厳しいことをお伝えすることもあるかもしれませんが、長期的に安定した口腔内環境でいたいと思う方がいらしゃいましたら是非当院までご相談下さい。

NSデンタルオフィス イオンモール浜松市野 1F

院長 鈴木 宏尚

関連記事

  1. 1歳半検診、3歳児検診

  2. 歯科用ミラー

    根拠に基づいた歯科治療とは

  3. 知覚過敏

  4. 顎が痛い人

    顎関節症を理解しよう

  5. NSデンタルオフィスの口臭治療

  6. 歯が心配な女性

    歯並びが年々悪くなっている方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP