顎関節症を理解しよう

顎が痛い人

顎関節症とは


顎関節症とは口を開くと顎を動かす時に使っている筋肉が痛んだり、口が開かなかったりするという症状や、顎から音がなりどこかしらに痛みがある症状を顎関節症と呼びます。

前者は、顎を動かしている筋肉や関節周りの組織がダメージを受けてしまっている状態が考えられ、後者は前者の状態に関節円盤と言われる顎のクッションとなっている部分が前方に転位してしまう事が予測されます。

顎関節症の診断


顎を動かす筋肉の痛みを確認したり、口を今現在どの程度開けられるかと以前はどの程度開いたのかを確認します。必要であればレントゲン写真を撮り審査していきます。親知らずの周りの歯茎が腫れたりしても口が開かなくなったりすることがあるので他に考えられる病状がないかも確認し、最終的な診断を下します。

顎関節症の原因は非常に難しい


遥か昔、顎関節症はかみ合わせが原因だと考えられていた時代があり今でもインターネット上では多くの歯科医院でかみ合わせが悪いために顎関節症だったり様々な症状が出ると発信しているのを見かけますが、その考えは既に可能性が薄いと現代では考えられています。

顎関節症の原因は実はこれが原因だと言うものではなく、世界的には多因子原因論が認められつつあります。

多因子原因論は一つの原因で起こるような病気ではなく、小さいいくつかの影響が集合する事で初めて病状が出てくると言うものです。

主に考えられているのは、

①解剖学的要因・・・顎を動かす筋肉や、関節自体の構造的弱さ
②咬合要因・・・かみ合わせの不良
③外傷的要因・・・打撲、交通事故
④精神的要因・・・緊張・不安・ストレス
⑤行動要因・・・日頃の習癖(食いしばり癖、頬杖、スマホの長時間操作等)
        食事(ガムや硬いもの)
        睡眠(歯ぎしり、寝る姿勢等)
        スポーツ(衝撃の強いスポーツ)
        吹奏楽等の音楽

となります。以上の複数の小さな要素が集合し症状の発現となります。
        

顎関節症の治療


顎関節症の治療はこの治療をしたから絶対に症状が良くなると言った治療は無く、良くなる可能性がある治療はわかっております。

1番やってはいけない治療は、かみ合わせに原因があるという医学的根拠を無視した治療となります。万が一症状が良くならなかった時に元に戻すことができませんし、そもそも効果があるという根拠がありません。治ったという方もいるかもしれませんが、顎関節症という病気は何もしなくても大体の方が治癒する可能性のある病気ですから、かみ合わせの治療を行ったり、歯を削ってかみ合わせを変えるような治療をしなくても治癒する可能性が高いと言うのが今現在の顎関節症学会の見解となります。

NSデンタルオフィス浜松で行う初期治療として最も多いのは、開口訓練と呼ばれる筋肉のストレッチです。このストレッチを1週間程度行い、改善が認められないようであれば、夜つけて寝るためのマウスピースを作成したり、口腔外科に紹介し治療を行っていく事になります。

ですが、マウスピースを使用すると何故顎関節症に効果があるのかは理由は実は正確にはわかっていません。改善する可能性があると言う事は事実としてあります。

関連記事

  1. 歯が心配な女性

    歯並びが悪くなってきた ~Pathologic tooth …

  2. 歯科用ミラー

    根拠に基づいた歯科治療とは

  3. 歯科定期健診

    定期健診でクリーニングを3か月に1回受けていたけど・・・

  4. 3Dプリンター(セレック)

    3Dプリンター治療(セレック)体験談

  5. 歯ぎしりについて

  6. 知覚過敏

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP