歯磨き粉の効果ってどの位?

歯ブラシと歯磨き粉

歯磨き粉の中身を知ろう


歯磨き粉は様々な成分で作られており、以下のような構成成分が含まれます。

発泡剤・・・口の中の歯磨き粉を発砲する事で口の中に拡散し洗浄する役割

湿潤剤・・・心地よい湿り気とねっとり感を維持する役割

研磨剤・・・歯の表面に付着した着色汚れを落とす役割

香味剤・・・香りに加え、爽快さをもたらす役割

粘結剤・・・粉の成分と液体の成分をつなぐ役割

着色剤・・・見た目を良くする役割

これらの成分に加え、薬効成分が含まれ、医薬部外品とされているのが私達がよく目にする歯磨き粉となります。


薬効成分には

・虫歯予防のためのフッ化物

・歯茎の炎症を抑えるための殺菌作用・抗炎症作用・歯茎のひきしめ作用・血行促進作用・細胞賦活作用などの成分

・汚れの分解成分

・歯石沈着予防成分

・ヤニなどの着色予防成分

・知覚過敏抑制成分

・口臭を予防成分

などが含まれています。

歯磨き粉の影響力って大きいの?


上記のような薬用成分により、歯磨きの補助をしてくれるのが歯磨き粉の役割ですが、歯科医師の本音を言うとすれば実際良い歯磨き粉を使ったからと言って歯磨き自体が上手でなければその効果は大きくありませんが、フッ素による虫歯予防効果に限って言えば非常に有益です。

しかし、歯周病予防に関しては歯磨き粉はあくまで、上手に歯磨きができる人の良い補助道具ではありますが、歯磨き粉無しで上手に歯磨きができない人の手助けになるような物ではないのです。

あくまで、しっかりと正しい歯磨きを行える事が前提で、より綺麗な状態を簡単にキープさせてくれる補助をするものだという事を理解しましょう。

歯磨き粉に含まれるフッ化物の力


フッ化物配合歯磨剤はモノフルオロリン酸ナトリウムやフッ化ナトリウム等のフッ化物を含む歯磨き粉です。歯磨き粉含まれるフッ化物は低濃度ではありますが、毎日お口の中に入る事により虫歯の予防効果が期待できます。

特にお子さんや、歯周病で根が露出してしまっている方の虫歯予防に非常に効果が高い事がわかっており、歯科医院で受ける定期的なフッ素塗布を併用する事で小児の虫歯予防にフッ素はかかせなくなっております。

昔は歯磨き粉を使用しなくても問題がないと仰る先生もおりましたが、現代は歯磨き粉を使った方が確実に虫歯予防の効果が期待できるため日頃から歯磨き粉の使用をお勧めいたします。

市販の歯磨き粉で歯にダメージを与えてしまう物も・・・


公に商品名の話はできませんが、個人的には歯磨き粉に含まれる成分のせいで歯に着色が付着しやすくなってりまったりするケースが存在すると考えております。ただし、エビデンスと呼ばれる正確な統計学的な数字が証明しているわけではございませんのであくまで私の私見となります。

しかし、可能性がある以上は歯科医院で取り扱いのあるような少し値段が高くても質の良い歯磨き粉を私はお勧めさせて頂いております。

今では歯科医院で販売されているような値段がやや高い商品もネットのECサイト等でも購入可能な時代ですので、わざわざ歯科医院に足を運ばなくても気軽に手に入れる事ができる点もお勧めできる理由です。

マウスウォッシュって意味があるの?


近年、マウスウォッシュで歯磨きはいらないという恐ろしいキャッチフレーズを耳にしましたが、今現在マウスウォッシュだけで虫歯や歯周病を予防できるほどのエビデンス(適切な論文で証明された根拠)は私が知る限り存在しません。明らかな課題広告と考えております。

意味がないとは言いませんが、これも歯磨き粉と同様に適切な歯磨きを行った後に行えば多少効果があるかもしれないという商品です。

あくまで、歯磨きの補助となりますので、歯磨きを正しく精度良く行えるかが大切ですので日々意識しましょう。

まとめ


歯磨き粉はあくまで歯磨きの補助であり、歯磨き自体が上手でなければ大きな意味がないと言う事を知って頂けたと思います。

例外として虫歯予防効果に関しては確実にその有効性が認められていますので子供のうちからしっかりと歯磨き粉を使用して歯磨きをしましょう。

歯磨き粉の選択はあくまで個人的な意見ですが、歯科医院に置いてあるような少し値段の高い歯磨き粉をおすすめします。ホワイトニングを謳う歯磨き粉は研磨剤による歯のダメージに特に注意が必要となります。

歯周病についてはこちら

小児の予防歯科についてはこちら

関連記事

  1. NSデンタルオフィスの口臭治療

  2. 3Dプリンター(セレック)

    3Dプリンターによるセラミック治療(セレック)体験談

  3. 浜松市東区の歯科医院のNSデンタルオフィス

    1歳半検診、3歳児検診

  4. とても大切な抜歯後の治療の選択

  5. 口内炎

    口内炎ができる理由と対処法

  6. 知覚過敏で染みる歯

    知覚過敏

PAGE TOP